安全衛生について

安全衛生基本方針

日鉄環境エネルギーソリューション株式会社は、日鉄エンジニアリンググループの一員として、「安全」を経営の根幹と認識し、事業活動の全てにおいて、何よりも「安全」を優先します。 また、働く人の健康が何より基本であるという健康経営の考え方のもと、全ての職場において衛生活動を推進します。

(1)NSES安全文化の醸成
(2)職場の安全基盤の強化
(3)心と体の健康施策の推進
(4)防災に強い事業所の構築
(5)労働安全衛生に関する法令並びに業務規程の遵守

健康経営の推進

当社は、「社員一人一人の健康管理意識の醸成」を衛生面の目標に掲げています。

働く人の健康が何より基本であるという考え方のもと、社員個人の有所見率の改善、 要再検査判定者への再検査受診のフォロー(受診率アップ)、社員のご家族である配偶者健診受診費用の補助、健康増進の ための教育実施(eラーニング、衛生講話)を通して、社員一人一人の健康管理意識の醸成 (社員の健康維持・増進)に取り組んでまいります。

健康経営の推進は安全・環境部(常勤産業医、保健師所属)を中心に関係する部門と連携して施策の企画・実施を行います。
全国労働衛生週間・準備期間中の健康セミナーの実施、全社員を対象としてストレスチェックの実施及び職場ごとの結果のフィードバック、日本製鉄健康保険組合が実施する健康チャレンジキャンペーンへの参加に取り組んでいます。
また、日々の活動では、産業医・保健師による「こころとからだの相談」を受け付けており、メンタル面を含む各種健康相談に対応し、社員の健康支援に取り組んでいます。

健康セミナー実施の様子

CSRの取り組み